セルライトができやすい人ってどんなタイプ?

セルライトができやすい人ってどんなタイプ?

セルライトができて悩んでいる女性は多いものですが、できやすい体質・できやすい生活習慣というものがあります。

 

 

それを知ることでセルライトを解消したり、できにくくすることができるかもしれません。

 

 

体の巡りが悪い

女性には、むくみや冷え性で困っている人も多いですが、慢性的にそれらの症状が出ている人にはセルライトができやすいと言えます。

 

 

体内の老廃物や水分がうまく排出されず滞ってしまうと、それらが脂肪と結びついてセルライトができてしまいます。

 

 

リンパ液や血液の流れがよくないことが、セルライト発生の原因となってしまうのです。

 

 

下半身太りに悩んでいる女性に多く見られる傾向になります。

 

 

立ちっぱなし、座りっぱなしが多い

長時間、立ちっぱなし、座りっぱなしの姿勢を取り続けることもセルライトの原因となります。

 

 

同じ姿勢のままでいると、体液の廻りを阻害して下半身の血液循環を悪くしてしまいます。

 

 

特に販売員さんや事務仕事をしている人に多く見られます。

 

 

ホルモンバランスが崩れている

若い頃にはなかったセルライトが、ある年齢になってから表れだしたという人もいます。

 

 

これにはホルモンバランスの崩れが関係しているケースが多いようです。

 

 

更年期になり、ホルモンバランスが崩れることによって、自律神経が乱れたり、代謝機能が低下することがあります。

 

 

また、女性の場合、生理や妊娠によって女性ホルモンの量が上下することも無関係ではありません。

 

 

生活習慣が不規則

食事の栄養が偏っている、睡眠不足、運動不足、これらは健康そのものによくないものです。

 

 

健康状態が悪くなることで体の各種機能が低下して、体内循環を滞らせることになります。

 

 

特に野菜不足や喫煙は血液の流れを悪くするため、セルライトの原因にもなりえます。

 

 

セルライトが病気の予兆だということも

 

セルライトができてしまったとき、自分の健康状態や生活環境を省みるのも大切なことです。

 

 

体の巡りが悪い状態が長期間続けば、ほかの重大な病気の引き金になることもあるからです。

 

 

セルライト除去のための部分的な肌ケアだけでなく、体全体の状態のことも気にかけるようにしましょう。