セルライトはドライブラッシングで予防・除去が可能です。

セルライトはドライブラッシングで予防・除去が可能です。

 

セルライト除去にはいろいろな方法があります。

 

 

そしてどの方法も目的はひとつ。

 

 

「体の中にたまった余分なものが出て行きやすくすること」にあります。

 

 

ジェルやクリームを用いたマッサージ、むくみ解消のためのカリウムサプリ、それから日々の運動や食生活の見直しも目的は共通していて、

 

 

水分・塩分・乳酸・尿酸などの代謝副産物と、その他の老廃物の排出を促すためにおこなうものなんですね。

 

 

そんな手段のひとつにドライブラッシングがあります。

 

 

ブラシを使ったスキンマッサージは、セルライト組織に含まれた余計な物質を流れ出しやすくするのに、大きな効果を発揮してくれるものです。

 

 

 

皮膚は重要な排泄器官

 

不純物の排出というと、尿や便として体の外に出す「排泄」がまず思い浮かびます。

 

 

それももちろん大切なものの、体の表面をおおっている皮膚も大切な排出器官なんですね。

 

 

皮膚は一番外側にあって体を外部化の刺激から保護する役割、触覚(知覚)する役割、体温調整する役割などを持っています。

 

 

そんな多くの役目を果たすことにプラスして、汗や垢(古い角質)というカタチで代謝副産物や老廃物を排出する役割も果たしているのです。

 

 

驚くなかれ、皮膚表面からデトックスされて排泄される量は、なんと毎日1kg近くにもなるのです。

 

 

その働きが便秘のように詰まってうまく働くなったなら・・・・

 

 

肌の調子が悪くなったり、皮膚直下にセルライトが発生したりと、不調があらわれるのは当たり前のことなんですよね。

 

 

そんな不調を予防、解消してくれるのがドライブラッシングということになります。

 

 

 

ブラッシングのやり方について

 

アカ擦りとリンパマッサージを同時にできてしまうドライブラッシングは、代謝促進・血行促進のための最適な方法です。

 

 

お風呂でスポンジやタオルでこすったくらいでは取れない溜まった毒素、体内に蓄積した老廃物をリンパ系を通じて処理するためにとても有効です。

 

 

肌の引き締めやツヤを出す効果も兼ねているので、今現在セルライトのない女性にも、ぜひ試してみてほしいと思います。

 

 

実際のブラッシング方法については、以下の動画を観てもらうとわかりやすいはずです。

 

※ブラシの使い方が始まるのが3分28秒〜になります。

 

 

 

ブラッシングの主な目的はリンパ液の流れを良くすることですから、セルライトのある部分だけでなく、顔以外の体全身をマッサージしていきます。

 

 

手足の指先リンパ節に向けて、そして必ず血液ポンプである心臓に向けてブラッシングしていきましょう。

 

 

 

ドライブラッシングの注意点

 

セルライト改善に効果的なドライブラッシング。

 

 

ただしいくつかの注意点があります。

 

 

肌を傷める恐れがあるため強くこすりすぎない
長時間やりすぎない(全身で5〜6分程度が目安)
たまにやるのではなく毎日の習慣にする

 

 

乾いたブラシで強く刺激し続けると、当然、お肌のダメージになってしまいます。

 

 

慣れるまでは軽くスッスッとなでるような気持ちで行うといいでしょう。

 

 

ブラッシング前にジェルやクリームで肌にうるおいを与えておくのもオススメです。

 

最新・オススメのセルライト除去クリームはこちら

 

 

そしてブラシは天然の植物系、動物系の皮膚マッサージ専用のものを選びましょう。

 

 

間違っても合成繊維(ナイロンなど)のものは使わないように。

 

 

皮膚への刺激が強すぎて傷つけたり、黒ずみの原因にもなってしまいます。

 

 

>>セルライト除去クリームの新提案!トップページ