ストレスがセルライトの引き金に!ゆっくりお風呂で対処して

ストレスがセルライトの引き金に!ゆっくりお風呂で対処して

 

 

セルライトができてしまう原因には、乱れた食生活による「脂肪の蓄積」「栄養不足」「水分の停滞」、それにエストロゲンなどホルモン分泌の影響などが考えられます。

 

 

そして見逃せないのが、ストレスもセルライトを引き起こす要因になってしまうということです。

 

 

ストレスを感じると、神経系が体全身に適応体勢をとるよう指示を出します。

 

 

具体的にはストレスに対応するためのホルモンを分泌させるのですね。

 

 

自律神経の働きをコントロールしている脳の視床下部から命令が送られて、アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンを分泌させます。

 

 

このホルモンが体内で多くなると交感神経が優位な状態、要するに緊張状態になるのです。

 

 

アドレナリンやノルアドレナリンには血管を縮めてしまう作用があるため、血液の流れが悪くなってしまいます。

 

最新・オススメのセルライト除去クリームはこちら

 

 

 

美容の敵・活性酸素まで発生!

 

それだけでもセルライトのできやすい流れになるのですが、ストレス時には追い打ちをかけるように活性酸素が大量に発生してしまうのです。

 

 

活性酸素は細胞を酸化させて衰えさせるもので、毛細血管などにもダメージを与えて、血流はさらに悪くなることに。

 

 

ストレスを受けている状態が短時間で済めばいいものの、長引けば長引くほど戦闘状態を保たなくてはなりません。

 

 

それに対応するためのエネルギーが必要になって、体内では多くの栄養素が消費されてしまいます。

 

 

エネルギーを必要とする神経系や免疫系、ホルモン分泌などに回らず、悪影響を及ぼすことになります。

 

 

そうなれば脂肪や水分の代謝もうまくいかなくなり、セルライトを作ってしまいやすい“めぐりの悪いカラダ”になってしまうのですね。

 

 

 

もっとも手軽なストレス対処法は“ゆっくりお風呂”

 

 

ストレスを軽くして、できるだけ短時間で出て行ってもらうことがセルライト予防につながります。

 

 

そのためのお手軽な方法が、ゆっくりとお風呂につかることです。

 

 

仕事や家事、対人関係などで疲れた心身をリラックスさせるに、バスタイムを有効利用しましょう。

 

最新・オススメのセルライト除去クリームはこちら